限度額は高ければ良いというものではない!

借金をしている感覚が薄れる

カードローンの金利は設定された限度額で決まります。限度額が高いほど金利も低くなり、最高限度額に近くなれば自動車ローンなどの目的ローンと変わらないほどの低金利になることもあります。
カードローンのメリットの一つが、限度額内ならいつでも借入をすることができる点ですが、これがデメリットとなることもあります。限度額が高くなるほど利息負担も軽減できることから、自分のお金のように借入をしてしまい、借金をしている感覚が薄れてしまいます。
いくら低金利でも長期間借り入れをすれば支払っている利息もとても大きなものとなるでしょう。また借入額が増えれば毎月の返済額も増額されます。限度額が高く設定されて低金利でお金が借りられるからと安易に利用するのではなく、計画的な利用を考えることが大切です。

カードローンは使わなくても借金をしている状態

限度額の高いカードローンを持っていれば、いつでも借入ができるので様々な金銭トラブルも簡単に解消することができるでしょう。ただ百万円単位のカードローンを利用している人は、それだけで他のローンの審査に悪い影響を与える可能性があります。
カードローンは限度額内でいつでも借入ができるのですが、金融機関から見れば限度額の借金をしている状態と判断されます。これは1円も利用していない状態でも同じです。
限度額500万円のカードローンが利用できる人は、借り入れをしていなくても500万円の借金をしている人と判断され、このことも考慮したうえで他のローンの審査が行われます。そのため限度額が高い人ほど審査に不利になってしまいます。限度額の高いカードローンをただ持っているだけなら減額申請をするのが良いでしょう。